Lorem ipsum dolor

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Read more

Everti Constituam

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Read more

Id Essent Cetero

Quodsi docendi sed id. Ea eam quod aliquam epicurei, qui tollit inimicus partiendo cu ei. Nisl consul expetendis at duo, mea ea ceteros constituam.

Read more

額縁選び

絵を飾る上で重要な部分を占めるのが額縁ですね。

もちろん主役は絵ですが、額縁も絵を引き立たせる大事な役割を持っています。

絵に合った額縁を使用することで何倍にも絵の魅力を引き立たせてくれる事でしょう。

逆に絵のイメージに合わない額縁だとせっかくの絵まで台無しになってしまいます。

額縁のも木製の物やアルミ製の物まで様々な種類があります。

温かみのある絵だったら木製の額縁、絵画で重厚感のある物だったら額縁もそれに合わせた装飾の施された物が良いでしょう。

もちろんどれを合わせるかは自由ですがある程度は絵の雰囲気に合った額縁を選ぶ事が大切です。

画家さんから絵を買う時には額縁もセットで販売してくれる場合も多いです。

絵を描いた本人が選んだ額縁なら間違いないですし、別に選ぶ手間も省けるので良いですね。

おすすめサイト
額縁の専門店

http://www.gaku-buchi.jp/

中々絵に会う額縁が見つからないという場合にはオーダーメイドも出来ます。

お値段は既製品より高いですが、絵にピッタリな額縁が仕上がるのでこだわりがある方には人気があります。

額縁はある意味絵を鑑賞するための窓のような物なので、中途半端な物を合わせるよりはピッタリの額縁で飾ってあげたいですね。

きっと額縁もセットで一つの作品として完成されることでしょう。

私の住まいは小さな集合住宅です。さほど広いわけでもありませんが、和やかなクリーム色の壁紙のおかげでしょうか。暖かすぎず涼しすぎず、居間をはじめすっきりとした印象のある空間に仕上がっています。

 家族は、時々「このへんに家族写真を額縁に入れて飾ったら、いいんじゃないか」と提案してきます。私もそうねえ、と相槌をうつのですが、そのたび話題は立ち消えになり、忘れられていきます。ですから壁は何の飾り気もないまま。

 なんとなく、それを望んでいるのは私です。それというのも、私には「額縁に入れた写真」に対する、あまり心地よくない思い入れがあるからなのです。

 私の実家は古い木造一戸建て、モノであふれかえっており、壁もまたさまざまなポスターや額縁入りの写真で埋め尽くされていて、地の壁がほとんど見えないくらいでした。

 そこで育ったので、幼い頃は全く疑問も持たなかったのですが、小学校高学年になった頃でしょうか。大掃除の時期、居間の壁の額縁の埃をはらってくれと母に頼まれて従うと、手にべとつく嫌な感触を感じました。母に聞くと、「ああそれ、お父さんのタバコやによ」とさらりと言います。よくよく見れば、全ての額縁のガラス面はやにでべとつき、また年月を経たものは黄色く黄ばんでいるのです。

 私の父はヘビースモーカーでした。実家を出て、その父との生活がいかに煙にまみれていたのかがわかりました。同時に、乳幼児の頃からその副流煙に侵されてきた事を考えると、自分で全く吸わなくても、遅かれ早かれ私の肺も何らかの異常を訴えるのではないかと、不安を感じることも少なくありません。

 このように、残念ながら私にとって「額縁に入れられた写真」には、やるせない思いがトラウマとしてまつわってしまっているのです。現在の住まいに額縁を飾れるようになるのは、もう少し先になるような気がします。